• 研修会
  • 通信教育講座 診療ガイドライン薬剤コース
  • 愛知県女性薬剤師会学術講演会等参加マニュアル
  • 愛知県女性薬剤師会集合研修会開催指針
  • 愛知県女性薬剤師会個人情報保護方針

日本女性薬剤師会研修講座「診療ガイドライン・薬剤コース」のご案内

愛知県女性薬剤師会では、2012年度まで、一般社団法人日本女性薬剤師会研修講座「診療ガイドライン・薬剤コース」をご案内してきました。この度、日本女性薬剤師会は、薬剤師認定制度認証機構より認定薬剤師研修機関(CPC認証プロバイダー:G16)として認証されています。男女を問わず薬剤師としての自己研鑚への支援として、最新の専門的な情報をわかりやすく解説し、科学的な考え方を学ぶことができる薬剤師継続学習通信教育講座(旧診療ガイドライン・通信教育講座)を開講します。 2021年度の受講生を募集しています。どなたでも(男女を問わず)受講できます。 「診療ガイドライン・通信教育講座」同様皆様のご参加をお待ちしています。

講座の特色


シリーズ1「ポリファーマシーを症例から考える」
シリーズ2「医療安全」
シリーズ3「高齢者の栄養管理 低栄養・フレイル対策」


講座のシステム

[受講期間]
2022年5月~2023年3月
[学習内容]
①年間送付される8冊のテキストに基づいて学習
②1冊の学習終了後、演習問題(マークセンテンス法)に解答し郵送(添削後返送)
③スクーリング講座への出席(年1回)*受講料別途
  スクーリングが開催されない県、離島・僻地の方々は事務局まで
 ご相談ください。(別途救済措置有り)

④テキストによる学習終了後、研修成果のレポート提出
⑤さらに単元ごとに小論文を書き、提出することで2単位取得
(受講料別途)全8回の提出で2単位×8回→計16単位取得
[取得単位]

変更点多いので詳しくはチラシ>>を参照ください。


[履修証明]
①~④の全課程をクリアすると、「履修認定証」を交付



学習疾患スケジュール(予定)

[第1回] ※テキストのタイトル名が変更になりました
急性・慢性心不全/見逃せない動悸・息切れ・呼吸困難・むくみ
三大リスク(高血圧・糖尿病・慢性腎臓病)と風邪の管理の重要
[第2回]
医療的ケア児の支援/薬剤師の在宅医療への参加で、在宅医療が必要な子ども達が元気に暮らすために
[第3回]
HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症と子宮頸がん/HPVワクチンの積極的推奨の再開
[第4回]
女性のライフステージに寄り添った妊娠前と周産期の服薬コミュニケーションのポイント
[第5回]
高齢になっても心地よい生活を送るために薬剤師にできること
[第6回]
頭痛/進化する治療と新薬の登場
[第7回]
疥癬/疥癬はなぜ根絶できないのか 高齢者施設の苦悩
[第8回]
新型コロナウイルスのその後を追う


※年1回のスクーリングを受講する。
注)初回テキスト発行は、5月中旬を予定しています。



申込方法

郵便局の振込用紙(青色印字のもの)で、受講料を下記口座にお振込み下さい。
お振込みされた事により申し込みが成立します。
通信欄には、次の事項をご記入下さい。
また、領収書は別途発行致しませんので、振込み時の受領証を保管して下さい。

◆受講料(全期分一括納入でお願いします)
 16,000円(女性薬会員)  20,000円(女性薬会員以外の方)

◆振込先(郵便振替)
 口座番号記号 00820-4-154706  加入者名 一般社団法人愛知県女性薬剤師会

◆通信欄には次の事項をご記入下さい。
 ・郵便番号 住所  ・氏名(ふりがな) ・電話番号 FAX番号 

※受講方法などは、下記URLかQRコードを読み込んで登録してください(必須)

 https://forms.gle/61TAMupRQMkuPGKE9



申込締切日 2022年4月末(一次締切)


「2022年度薬剤師継続学習通信教育講座」チラシはこちら>>

なお、講座の詳細は日本女性薬剤師会ホームページをご参照下さい
日本女性薬剤師会 https://www.jyoyaku.org/


お問い合わせは、下記事務局まで電話・FAXまたはE-mailでお願い致します。

[問い合せ先]

〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目4-2 愛知県薬剤師会館内
[TEL](052)212-5354 [FAX](052)212-5354
[受付]13:30~16:00 月火水金
[E-mail]aijoyaku@rondo.ocn.ne.jp